じぶんに合ったレベルの職場がわからない」という経験ってありませんか?

ニートをしていたころに、「じぶんはどういう場所でなら働けるのだろう?」と漠然とした思いを抱いていました。もちろん、30代になっても非正規で自信が無くて。悩みは増すばかり。

 

ふつうに働いている人にしてみれば、あまり感じることはないんでしょうけど。ぼくは、経歴的にもこの悩みに何度もぶつかりました。仕事を辞めるたびに思うのです。

  • 年齢的に、どこで働くことが適切なのだろう
  • 正社員で働いたことの無いレベルだけど、給料はどれくらい貰えるのか

考えても仕方がない話ではあるのですが、この問題の解決策は「労働市場におけるじぶんの水準を知ること」が重要だと今になってわかるのです。

労働市場における自己水準(レベル)を知っているか

意外と分かっていない人が多いのですが、みなさんは労働市場における自己水準をご存知でしょうか?

自己水準とはレベルみたいなもので、応募する際に「どういう企業でなら相手にされるのか」というものです。

 

たとえば、料理が得意だと思っている人も、人に食べてもらわないと評価ってわからないじゃないですか。

友人に食べさせられるレベルなのか、定食屋で出せるレベルなのか、一流レストランで出すレベルなのか。

 

これが、就活の舞台でも同じで、レベルを知っていないと「どこに応募すればいいのか分からない」ということになるのです

自己レベルを知らないことで、有能な人がブラック企業にいたりします。逆に仕事のデキない人が、有能な人に運よく混ざったはいいけど、職場で罵声を浴びているわけです。

 

ある程度、じぶんにあった水準を見極めて入社すればいいのですが、このレベルの見極め方を知らない人が多いのです

そこで、ステップを踏んで適正な水準をしっかり見極めて欲しいと思います。

 

ステップ1 能力と賃金は必ずしも比例するとは限らないことを知る

「全く働くことに関心が無くて、応募したい企業も無い」という方は、今回はパスさせてください。一定の業種で、1つでもいいので応募したいところがある人向けの話です。

 

仮に応募したい事業が、介護だったとするならば、まずは給料が多いところを選んだ方が良いです。

自信が無いかもしれませんが、仕事の給料は多いから能力が高いわけではないのです

 

そこには母体企業の資金力、体制によって影響が出るという事です。

たとえば、同じプロ野球選手でも球団によってまるで違う賃金になっていますよね?つまり、入る会社で決まるだけです。

そのため、給料はまず多いところから狙うべきです。「自信が無いから」と、低いところを選んだからといって仕事がカンタンになる保証はないのですから。

 

ステップ2 面接に進めるところは、自己レベルとの一致がしやすい企業

もちろん、どこでも書類審査を通過したり、面接を受けさせてくれるとは限りません。

ただし、「面接に来て欲しい」と言われたら話は別。

 

合否はわかりませんが、少なくとも応募した会社から「会ってみたい」と思われる状況にあることは確かなのです

これは、実際に応募していくからこそ、その業界でのじぶんの適正値が可視化されるようなもの。「じぶんには無理だろう」と思っていても、転職市場におけるあなたは評価されているのです。

 

考えてみると分かりますが、箸にも棒にも掛からぬ人材は、ふつうに門前払いをされますので

書類審査は残酷なようですが、もちろん受かるように書く方法はあります。ぼくも履歴書の書き方では、工夫してきたので参考にしてください。(30代でも受かる!履歴書の工夫)

 

ステップ3 不採用になれば「何が足りないのか」を振り返る

採用になれば別に問題はないです。

入社してから、じぶんが働けるようなら継続していくだけなので頑張るのみですね。

 

逆に、ここで不採用になっても収穫があるのがいいところです。ここに来て「水準として足りないもの」が見えてくるはず。

たとえば、書類審査で落とされていれば、何が悪いのかを考えるヒントになります。面接まで進んで落ちたのであれば、質問された内容を思い返すなど、足りないモノを補う作業に繋げますから。

 

この繰り返しを行うことで、何度か不採用は食らう物の、どこで働けばいいのかわからないという話はクリアになっていくのです。

「あ、ここなら採用に近いんだ」「こういう面接の仕方なら受かるかもしれないんだ」という風に。

 

自己レベルについて、フォローバックを貰うなら人材会社が便利

トライ&エラーの繰り返しで、自己レベルを見極めていく方法を書きましたが、人によっては何がいけなかったのか分からない人もいますよね

そういう方は、人材派遣会社などを使い、しっかりフォローバックを貰うことをオススメします。DODAのようにエージェントさんに相談できる会社もいいですよ。

 

「給料を欲張っちゃダメ」みたいな感覚は、労働における損を招くだけなので、がめつく行きましょう。ぼくも、この手の方法で今の職場に就職した口ですのでw

面接だけでも受けさせてもらうようにコンサルタントさんに頼むのがベストです。

 

ぼくもDODAは使っていますが、報酬の高い求人をふつうに紹介され、そのまま受けさせていただく経験もしています。

フォローバックを受ければ、その先にも繋がる知識と経験につながるのでオススメのステップアップ作戦になるのです

登録はこちらから⇒DODA

 

派遣営業マン厳選!おすすめ派遣&エージェント





派遣&転職エージェント選びのポイントは、登録して実際に話を聞きつつ比較することです。

各求人会社によって、時給に差があることはこちらで解説させていただきました。 給料・時給は仕事でのモチベーションとなるため、できるだけ比較して好待遇の条件を選ぶことが重要です。

そのため派遣営業マンとして実際に働くぼくが、同業としてオススメ派遣サイトを選んでおります。
  • DODA




    キャリアコンサルタントさんのレベルが高いDODAのサポートが非常に良いです。

    成長企業の筆頭格であり、コンサルタントさんがしっかり教育されているため就職しやすいですね。

    もし転職に悩む30代の方であれば登録で見れる非公開案件だけでも聞きにいかれると違います。 資格・スキルがある方はもちろんフリーターでも、バイトを職歴として見てくれるため充実感は得やすいのでオススメです。

    DODAに登録する
  • リクナビネクスト


    リクナビネクスト

    派遣が中心ではありませんが求人サイト利用者の8割が使っているリクルート系列の総本山です。

    フリーターはもちろん、現役の正社員向けに網羅された非公開求人は登録することで全て見れます。

    ぼくの派遣事業所に来られるスタッフさんのアンケート結果でも良く使っていた求人サイト№1だったので間違いありません。

    登録と同時にリクナビ系列のアカウント取得になるため、グッドポイント診断も使えるようになってオトク。派遣以外の通常求人でも就活する予定なら外せないですね。

    リクナビNEXT
  • リクルートエージェント




    リクナビネクストのエージェント版というポジションです。上記2社と同じように、実際にお世話になりました。

    取り扱う求人は少なくなりますが、現職場(ハケン事業所)への求人紹介はここで見つけています。無職だったのですが、経歴なども一緒に作成してもらい感謝感謝。

    上記2社の求人に納得できなければ、抑えとして利用されることをオススメします

    リクルートエージェントに登録する
派遣営業をしていると分かるのですが、やはり大手であるDODAやリクナビのポジションになると条件交渉で優位に立てます。

知名度のある会社ほど、企業側も予算を組んで出してくれるので使わない手は無いです。

スキルや資格を条件に紹介してくれるところもあれば、相談して人柄を見てくれるところなど様々。そのため、まずは登録しないと分からないことも多いです。

まずは登録して見られる非公開求人をチェックして、そこから進むと意外と早く仕事が決まるのでまずは行動を起こして良い転職を決めちゃいましょう。
★【おまけ】履歴書・職務経歴書をカンタンに作成するツール★

履歴書作成で、いちばん僕が面倒に感じていることは「自分の長所」を見つける事でした。応募先によって、アピールする強みは変えなければいけませんし、ネットでサンプルを見つけても、自分に合わないものも多く、けっきょく考えることに・・。実はこの手間、とあるツールを使えば問題が解決します。


それは「自己分析ツール」です。精度の良いものだと、大手求人サイトリクナビネクストの「グッドポイント診断」は人気しておりオススメです。僕も試しましたが、自分の長所を的確に表してくれ役立ちます。なんなら、結果を丸コピペしても履歴書に使えますからw


また、リクナビなら登録しておけば仕事探しも楽です。もし、必要であれば自己分析をしてみるだけでもいいでしょう。仕事を探しつつ履歴書・職務経歴書の作成もカンタンになるのでおすすめです。


グッドポイント診断に登録


いつまで使えるか分からないサービスなので、使いたい人は早めに使われることをお勧めします。