「どうすれば上手く給料をアップさせられるのか方法がわからない」

給料交渉は苦手なので・・」

 

せっかく転職するなら給料アップしたいですよね?よく「転職したら収入は下がる」なんて言いますけど、せっかくなら給料は上げたいというのが心情

30代にもなれば20代のころに比べて社会も見れるため、なんとか高待遇での採用を勝ち取りたいですよね。ただ、じぶんで交渉すると角が立つので悩んじゃう・・。

 

しかし、エージェントを含めた派遣会社など、仲介人を立てることで上手く給料がアップすることは可能です。「最低でも給料は維持したまま転職は可能」というなら使ってみたいと思いませんか?

ぼくが派遣で働いていることも踏まえて、実際にエージェントに任せてみるべき話をします。3つの得を手に入れて下さい。

求人に掲載されている金額は、マックスの給料では無いと知れ

求人には「月収○○~」と掲載されていることが多いですよね。でも、気になりませんか?「○○~」の「~」という部分。

この意味は、「条件によっては給料が変わりますよ」と暗に伝えているということ。

 

何も知らなかったぼくは、てっきり「初任給○○~」という意味だと思っていました。勤務しているうちに上がるみたいな。

ですが、家電屋などでも値引きが当たり前になっているように、「給料も交渉次第で変わりますよ」というのが世の常識なのです。

 

もちろん交渉するといっても給料交渉が出来ない人が、いきなり面接に出向いても上手く交渉できません。空気を読み、ばっちりとタイミングよく交渉できた上での話なのです。

そこで、転職エージェントを使うとあっさり交渉が決まるというわけです。

 

① 初任給、報酬アップの条件に詳しい

エージェントは、代理人として求職者の労働条件を決定していきますよね。ぼくも派遣で働いているのでよくわかりますが、代理人としての仕事ですから。

 

初任給を含めて、報酬アップ条件も知っています。

たとえば「AさんとBさんが過去に派遣されたけど、報酬は○○円くらいまでならアップしてるぞ」と。

一人で就活してると見えない、裏の給料情報がエージェントサイドには丸見えなのです

 

つまり、あなたがAさんやBさんと同等のスキルや経験を持っているなら、エージェントから企業側に「同じくらいの能力があるので、給料は○○くらいまでアップできませんか」と伝えてもらいやすくなるのです。

これが、転職エージェントを利用した給料交渉のうま味と言えます。派遣も仕組みとしては同じなので、できるだけ多く情報を引き出すといいですよ。

(参考:おすすめ派遣会社)

 

② 他社の給料情報も知り尽くし、プレゼンに優れている

また、エージェントは他社の条件も調べているわけです。

家電屋に例えると、他所の店舗がどれくらいの価格で販売しているか知らないわけがないですよね。

 

それと同じで、あなたを紹介するときに「この方の能力であれば、他社では○○くらいの給料が出ております。もう少しだけ給料を見直して頂けないでしょうか」というプレゼンもできるのです。

 

「A社とB社の条件から○○くらいまで給料も出るはず」と言った説得力は、やはりエージェントや派遣会社にしか出せないものです。

ぼくも派遣で働いていて、他社の情報が営業間で共有されたり、来所された登録スタッフさんから知ることができるので、勉強になっています

 

③ 求職者の給料が上がれば、エージェントも稼げる

また、ここまで求職者の報酬アップを頑張れるのは、エージェントも同時に稼げるという理由があるからです

仮にAさんに仕事をしてもらった場合、エージェントが稼げる金額が月5万だとします。しかし、交渉でAさんの給料がアップすれば、月5万から7万といった取り分を増やすことも可能。

 

エージェントや派遣は本来この形で、求職者に働いてもらうことで給料を得ているわけです。そのため、交渉については特別に頑張っている項目というのが実情なんですね。

この仕組みを知れば、遠慮せずにエージェントと一緒になって報酬アップを目指すことができると思います。

 

エージェントと話すことで、未経験でも報酬は増やせる

こういう話をしていると「未経験職に転職する場合は、あまり意味がないんじゃないの?」と思う方もいるでしょう。ここは30代からの転職サイトなので、心配するのも無理はないです。

しかし、ぼくが今回書いているのは、未経験者からでも給料が上がる前提だから書いているのです。

 

営業から営業に転職すれば、それは前提として過去のスキルを考慮してもらえるのは当たり前。

しかし、全く経験がなくても「エージェントの力」が交渉を上手く進めてくれます。まさに、ぼくもエージェントの力で就職を決めた口なので。

 

介護しか経験が無かったのですが、「介護経験から得られた能力を、派遣で活かしましょう」という方向で話を進めてもらっていました。

給料も、掲載求人よりも月に1万円ほど多くもらえているのです。本当に素人なのでこの金額ですが、それでも言い値より1万多いと違いますからね。

 

このように、未経験からでもエージェントを通した交渉を密に行っていくことで、どんどん報酬を勝ち取るチャンスが生まれてくるのです。

DODAなどはリクナビNEXTに並ぶ規模の求人を扱っており、かつ交渉エージェントさんの質が高いのも特徴です。

まだ利用したことがなければ、一度お話してみるだけでも得るものがあるのでオススメですよ

派遣営業マン厳選!おすすめ派遣&エージェント





派遣&転職エージェント選びのポイントは、登録して実際に話を聞きつつ比較することです。

各求人会社によって、時給に差があることはこちらで解説させていただきました。 給料・時給は仕事でのモチベーションとなるため、できるだけ比較して好待遇の条件を選ぶことが重要です。

そのため派遣営業マンとして実際に働くぼくが、同業としてオススメ派遣サイトを選んでおります。
  • DODA




    キャリアコンサルタントさんのレベルが高いDODAのサポートが非常に良いです。

    成長企業の筆頭格であり、コンサルタントさんがしっかり教育されているため就職しやすいですね。

    もし転職に悩む30代の方であれば登録で見れる非公開案件だけでも聞きにいかれると違います。 資格・スキルがある方はもちろんフリーターでも、バイトを職歴として見てくれるため充実感は得やすいのでオススメです。

    DODAに登録する
  • リクナビネクスト


    リクナビネクスト

    派遣が中心ではありませんが求人サイト利用者の8割が使っているリクルート系列の総本山です。

    フリーターはもちろん、現役の正社員向けに網羅された非公開求人は登録することで全て見れます。

    ぼくの派遣事業所に来られるスタッフさんのアンケート結果でも良く使っていた求人サイト№1だったので間違いありません。

    登録と同時にリクナビ系列のアカウント取得になるため、グッドポイント診断も使えるようになってオトク。派遣以外の通常求人でも就活する予定なら外せないですね。

    リクナビNEXT
  • リクルートエージェント




    リクナビネクストのエージェント版というポジションです。上記2社と同じように、実際にお世話になりました。

    取り扱う求人は少なくなりますが、現職場(ハケン事業所)への求人紹介はここで見つけています。無職だったのですが、経歴なども一緒に作成してもらい感謝感謝。

    上記2社の求人に納得できなければ、抑えとして利用されることをオススメします

    リクルートエージェントに登録する
派遣営業をしていると分かるのですが、やはり大手であるDODAやリクナビのポジションになると条件交渉で優位に立てます。

知名度のある会社ほど、企業側も予算を組んで出してくれるので使わない手は無いです。

スキルや資格を条件に紹介してくれるところもあれば、相談して人柄を見てくれるところなど様々。そのため、まずは登録しないと分からないことも多いです。

まずは登録して見られる非公開求人をチェックして、そこから進むと意外と早く仕事が決まるのでまずは行動を起こして良い転職を決めちゃいましょう。
★【おまけ】履歴書・職務経歴書をカンタンに作成するツール★

履歴書作成で、いちばん僕が面倒に感じていることは「自分の長所」を見つける事でした。応募先によって、アピールする強みは変えなければいけませんし、ネットでサンプルを見つけても、自分に合わないものも多く、けっきょく考えることに・・。実はこの手間、とあるツールを使えば問題が解決します。


それは「自己分析ツール」です。精度の良いものだと、大手求人サイトリクナビネクストの「グッドポイント診断」は人気しておりオススメです。僕も試しましたが、自分の長所を的確に表してくれ役立ちます。なんなら、結果を丸コピペしても履歴書に使えますからw


また、リクナビなら登録しておけば仕事探しも楽です。もし、必要であれば自己分析をしてみるだけでもいいでしょう。仕事を探しつつ履歴書・職務経歴書の作成もカンタンになるのでおすすめです。


グッドポイント診断に登録


いつまで使えるか分からないサービスなので、使いたい人は早めに使われることをお勧めします。